It's a beautiful day

今シーズン3回目の鮎釣りです。

実を言うと2週間前の日曜日、郡上で車のガラスを割られました。何も盗られてないので

イタズラで処理してもらいましたが真実はわかりません。

なので郡上はイヤなので和良川へ行きました。

IMGP0524_convert_20140102184830.jpg

渓相は最高です。でも解禁から評判が悪く、釣り人ゼロ。結局、貸切でした。

IMGP0531_convert_20140102184944.jpg

ハミアトもあります。

IMGP0534_convert_20140102185051.jpg

こんな段々瀬でスタート。3分で1匹目。イケるやん。すぐ2匹目。1時間で6匹。

数年前この段々瀬でダイワの名人が高水の中、川の真ん中に立ちこみ、入れ掛かりを目の当たりにした。

良型の鮎を一歩も下がらず引き抜く姿は”凄い”の一言でした。

IMGP0532_convert_20140102185159.jpg

瀬の芯で止めているとこんなのが竿をひったくってくれる。でも流れのゆるいトロ瀬や石裏などは

あたりもなく何か掛かってるって感じで小型ばっかでした。

IMGP0535_convert_20140102185306.jpg


いつもより早めの16時にロッドオフ。29匹でした。

とにかく水が冷たく、アユも小さく痩せているので梅雨明け後に期待かな。

和良川の鮎は日本一旨いと言われていますが、その通りだと思います。自分の中では小坂町内の益田川と

和良川が日本一です。郡上でも日本一になるくらいなので岐阜の鮎にはずれはないと思います。

そういえば、ひそかに期待していた、和良川名物??ダムサツキは掛かりませんでした。

益田川のダムから遡上したサツキマスがオトリに食いつく時があるんですよ。まァ、掛かっても瞬殺

でやられますけどね。

ウエーダーに穴があいてるようでブーツの部分とおちんちんのあたりが濡れてました。

絶頂射精したわけではありませんよ。

6年履いたから寿命のようです。





スポンサーサイト
6月9日は長良川郡上のアユ解禁です。

ライズのない長良川でアマゴ釣りをする気もなく、付知川や長良川中央で鮎釣りをする気もなかったので

郡上が今年の開幕戦です。

マイナス30センチの渇水。でも解禁だから大丈夫と甘く見てました。

結果は解禁の最低ラインのやっと30匹超えの33匹でした。

AM4:00からPM5:00までやりました。

瀬釣り派の僕には辛いです!!

でも最後に荒瀬で5匹ほど入れ掛かりがあり少しだけ納得できました。

河口堰運用以来、3番目の遡上の多さだそうです。盛期には楽しめそうです。

あまりにも辛かったので写真を撮るのも帰りにトマトを買うのも忘れてました。

IMGP0515_convert_20140102184511.jpg